読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear シンプルライフ

家事・3人息子の子育て・家計管理・考え方をもっとシンプルにシフト中!

薄着睡眠でアンチエイジング、毛布の正しい利用法。


スポンサーリンク

まもなく12月。寒さもだんだん厳しくなってきましたねぇ。

薄着睡眠でアンチエイジングを実践しているわたしです。

  

dearsimplelife.hatenablog.com

 

ちょっと寒くなってきたので毛布を出してきました。

ここで考えました。

待てよ。毛布をかぶって、羽毛布団をかけたのでは、羽毛布団の温かさを最大限に発揮できないのではないか。

 

 羽毛布団の特性を再確認

羽毛布団は、布団の中の羽毛が体温を感知してふくらみ温かくなる、という特性があります。なので、羽毛布団を使用する際は体に直接触れさせた方が、体温が伝わり羽毛の保温効果を最大限に生かせるのです。

 

ということは、毛布を使用する際はどうするのがいいの?

正解は、下に敷く!です。

せっかく羽毛で温まった布団内の熱は、敷布団からにげていくのでそれを食い止めるためです。

早速、私も試してみました。うんうん、確かにあったかい。布団に入った時のひんやり感もないのがいいですね。でもベッドマットと止めるものがないので、朝になるとずれているのが若干気になります。毛布じゃなくても、いまはふわふわの敷パッドが売っているのでその方がいいかも?

 

さらに寒い時期には毛布をもう一枚

もっと寒くなればもう一枚薄手の毛布を羽毛布団の上からかぶせて熱を逃げないようにフタをしてしまうと、最高の温かさが手に入りそうですね。

羽毛布団の上にかぶせる毛布が重すぎると、羽毛をつぶして保温能力が減ってしまうので、気をつけたいところです。

 

掛布団が羽毛じゃない場合は、毛布を先にかぶるべし

掛布団が昔ながらの木綿布団や、化繊布団を使用している場合は、布団が体温によってあたたまる効果がないため、体に直接かぶっても羽毛のような効果はありません。

そのため、毛布は従来通り、掛布団の下にかぶってくださいね。

そして、薄着睡眠にも不向きなので温かいパジャマを着てくださいね。

くれぐれも風邪をひきませんように(^-^;

 

こちらを参考にして最高の眠りを研究中♡

nemuri-lab.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ