Dear シンプルライフ

家事・3人息子の子育て・家計管理・考え方をもっとシンプルにシフト中!

バセドウ病が寛解して、無事1年が経ちました。


スポンサーリンク

今日は、バセドウ病甲状腺内科を受診する日でした。

薬なしで症状が治まっている「寛解」という状態になり一年経ちました。

バセドウ病甲状腺を持っている限り、「寛解」はしても「完治」はないので、一生付き合っていかないといけません。

今は半年に一度、定期的に検査してもらっています。

今日の血液検査の結果も問題なく、「再燃」はないようで、一安心です。

 

私がバセドウ病を発症したのは13年前のことです。長男を産んで1年経った頃にバセドウ病になりました。

 

当時の症状は、

イライラする

疲れやすい

やせていく

やたら汗をかく

動悸がして落ち着かない

高熱を度々だす

 

何度も繰り返し熱をだすので、近くの内科を受診し、血液検査でバセドウ病を発症していることが発覚しました。

甲状腺ホルモンの量が、通常のなんと4倍でした。

初めての子育てだったので、子育てとはなんてしんどいんだぁ!と思っていました。

病院でバセドウ病だと告げられ説明をうけるうちに、体と心のしんどさは全部バセドウ病の仕業だったんだと思うと、少しホッとしたのを覚えています。

 

それから12年経ち、ようやく薬を手放すことができ、さらに1年が経ちました。

バセドウ病にとっての大敵はストレスです。ストレスを感じないのは無理だと思うので、できるだけ受け流せるようにしてくださいね。」と、主治医の先生のお言葉です。

 

先生の言葉どおり、思考をプラスにして、生活もシンプルにして、穏やかな気持ちで毎日を過ごそうと、今日改めて思ったのでした。

広告を非表示にする
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ